2カ月で-15kgに失敗...【進捗はこちらをクリック】

アナボリックステロイドとYoutubeの影響【副作用よりも迷惑問題】

anabolic-steroid-and-youtube-eye-catch

アナボリックステロイド(筋肉増強剤)ってご存知ですか?

通常の数倍のスピードで筋肉がつくという魔法のような薬物です。

スポーツ従事者であれば、絶対に使用してはいけない薬物として認知されていますが、日本の多くの人はサプリメントと勘違いしていたり、よく知らなかったりする人が多いです。

最近はそういった人たちがアナボリックステロイドに手を出してしまうことが問題視されていますね。

それはなぜでしょう?

今回はアナボリックステロイドとYoutubeの影響についてのお話です。

Youtuberでアナボリックステロイドが蔓延

筋トレ系Youtuberには、筋肉が異様に発達していて彫刻のような体の人が沢山いますね。

筋トレにハマる男性からすると、魅力的でかっこよく感じるものです。

でも、それって食事とサプリメントで作り上げた体ではないかもしれません。

例えば、肩がメロンのように大きくて、常時全身の血管がバリバリ。

「もはや人間を超越している...」

こんなことを思ったことが一度はあるはず。

まさに、その通りでYoutuberの中にはアナボリックステロイドを使用して、人間を超えた存在になっている人が多くいます。

筋トレ界の先生的な存在、山本義徳さんもステロイドを使用していたということを知らない人が意外と多いです。

参考 山本義徳Wikipedia

上記の通り、Wikiにも書いてありますね。

とはいえ、推測しかできない

アナボリックステロイドを使用している人が多くいるとは言いましたが、推測することしかできません。

というのも、「私はアナボリックステロイドを使用している」と公言していないからです。

なぜ公言しないかは以下の3つの理由でしょう。

公言しない理由

  • スポンサーがついていれば契約解除
  • 広告塔として起用されなくなる
  • 大会に出場できない

お金が絡んでくることと、大会出場権が無くなるということですね。

ボディコンテストは基本的にアンチドーピングを謳っているので、公言した時点で活動できなくなります。

NPCJ主催の大会について

NPCJはアンチドーピングを謳う団体ですが、この団体に問題があったりします。

出場した選手に聞いたところによると、フィジークの上位入賞者はわりとアナボリックステロイドを使用している人が多いとのこと。

その証拠に、パワーリフティングの大会でドーピング検査に引っかかった選手が、NPCJの大会に出場して入賞したという問題があったことから、あながち嘘ではなさそうです。

NPCJには様々な大会があるので、何とも言えませんが、ドーピング検査もないので、使ったもん勝ちみたいな印象があります。

大会に出場するのであれば、ドーピングに厳しいJBBFの団体が良いでしょう。

Youtubeに影響される人が多数

youtube-not-continue-eye-catch

Youtubeを見ているうちに、「どうやったらこんなに筋肉を付けられるんだろう?」

という疑問を抱き、色々検索していくうちにアナボリックステロイドという答えに辿り着きます。

知見の無い人はアナボリックステロイドを使えば大きくなれると勘違いして、使用してしまうというケースが多いようです。

Yahoo知恵袋を見ると、学生がアナボリックステロイドの使用について質問していることから、わりと深刻な問題です。

「アナボリックステロイドを使用しても、きちんとケアすれば大丈夫だよ」というようなサイトもあります。

が、アナボリックステロイドはどうやっても副作用は発生します。

しかも副作用は何が起きるか全くわかりません。

最悪、一生入院するという生活になる可能性もあります。

日本では違法ではないからという理由で使用するのはやめましょう。

なぜ日本では違法ではないのか?

日本ではアナボリックステロイドの使用は違法ではありません。

それはなぜか?

日本の法律が追いついていないだけです。

日本はアナボリックステロイドの危険性についての意識が低い様子。

海外ではとっくに違法であるのに対し、ようやく厚労省が動きはじめたという段階です。

違法になるのは時間の問題なので、今まさに使用を悩んでいる人はその考えを改めましょう。

ステロイドの使用は周りに迷惑がかかる

アナボリックステロイドについて、「個人の利用は自由。誰にも迷惑をかけない。」

と発言する人もいますが、どうやっても迷惑は掛かります。

副作用により病院に運ばれれば、医療機関の負担に。

医療機関を利用せずに、そのまま死んでしまった場合でも、家族に負担がかかります。

アナボリックステロイドはとにかく周りに迷惑がかかる行為なのです。

アナボリックステロイドを使用してもいい人

基本的には使用してはいけません。

しかし、海外でプロとして活躍していくにはアナボリックステロイドの使用が無ければ戦っていくことができません。

「海外でプロになる!」

という誰にも負けない強い意志があるのであれば、命を削ってでもアナボリックステロイドを使用するのは仕方ないのかもしれません。

生半可は覚悟で使用するというのはやめましょう。

アナボリックステロイド使用者の見分け方

アナボリックステロイド使用者は副作用で見た目に変化が出てきます。

ポイントは以下。

公言しない理由

  • 僧房筋が異様に発達している
  • 短期間で急激な筋肉量増加
  • ムーンフェイス(顔が腫れている)
  • 胸・背中のニキビ
  • 女性化乳房

この症状が出たから絶対使っているとは言い切れませんが、「使ってるかも?」という予測はできますね。

長年筋トレしている人が、1年で急に大きくなった時期があったりするとわりと怪しいです。

まとめ:アナボリックステロイドの使用はやめましょう

アナボリックステロイドの使用はやめましょう。

副作用が怖すぎるというのもありますが、何より周りに迷惑をかけます。

しかも、使用したからといって、必ず筋肉がつくというものでもないので、かなりの知識量が必要となってきます。

ボディメイクやダイエットだけのために使用を考えている人は、健全に食事とサプリメントだけで進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)