一食だけ無制限に食べるチートデイ!その効果は?

cheat-day-eye-chatch

チートデイについては、賛否両論ありますが、今年初のカロリー無制限のチートを実施しました。

無制限というからには、何も気にせず、限界まで何でも食べます。

ただし!1日に一食だけです。

チートデイとは?

ダイエット期間中に7~14日に1度、好きなものを食べる日です。

その日は一日中、好きなものを食べたり、1食だけ好きなものを食べることができます。

厳しいダイエットを一定期間続けていると、レプチンというホルモンの働きが低下します。

すると、人間とは不思議なもので、エネルギーを使わずに保持しようとするのです。

その結果、代謝が悪くなり、ダイエットの進みにブレーキがかかります。(停滞期)

そこで、代謝を元の状態に戻すために、いつもより多く食事を摂ることで、脳・身体を騙してダイエットの停滞を防ぐ効果が期待できます。

チートデイの目的

7~14日間の厳しいダイエットからのストレス解消のため。ご褒美。という目的もありますが、

主に、ダイエットの進行が停滞することなくスムーズにいくようにするため。もしくは、停滞を脱するためです。

チートデイは以下の目的で、昔からボディービルなどの世界で使用されてきている手法です。

  • ダイエット中のご褒美
  • エネルギーの貯蔵を一気に実施する(筋肉や肝臓グリコーゲンを補給)
  • 代謝を増加させる(レプチンの増加)

チートデイの対象者

基本的には、男性の場合は体脂肪率15%以下、女性の場合は体脂肪率20%以下の人が対象です。

この体脂肪率を超える人は、チートデイをを設ける必要はないとされています。

ですが、どうしてもチートデイを実施したい場合、体脂肪率ごとにチートデイを設ける目安の期間があります。

男性の場合
  • 10%以下: 5〜7日ごと
  • 11-14%: 7~9日ごと
  • 15%より多い: 2週間ごと
女性の場合
  • 16%以下: 5〜7日ごと
  • 16~21%: 7~9日ごと
  • 21%より多い: 2週間ごと

チートデイの方法

以下の用に様々な方法がありますが、以下がその例です。

  • 1日の中で1食だけ好きなものを無制限に食べる
  • 1日中好きなものを無制限に食べる
  • 1日中・もしくは1食だけ炭水化物のみ摂取量を増やす。

おすすめは、炭水化物のみの量を増やす方法です。

無制限をおすすめしない理由は、食事内容が自然と高脂質になりますが、これには特にメリットがなく、逆に代謝が悪くなってしまう可能性があるからです。

今回試したチートデイの方法

おすすめは炭水化物を増やす。と書いたはいいものの、今回は1日1食だけ無制限を実施しました。

特に理由はなく、久しぶりに両親・家族そろっての食事だったので、その時くらいは、、、ということで、この方法を選択しました。

尚、今のカラダの状態はというと、家の体重計だと約17%。InBodyだと1桁という、なんとも判断しづらい状態です。

ひとまず、1食くらいなら大丈夫だろうという判断です。

チート食前と後の比較

チート前
before_cheat_201806
チート後
after_cheat_201806

食べる前と食べた後直後の写真を比べてみました。

食べる前は68.2kg。

食べた後は69.8kg。

+1.6kgの増加となりました。以前予測していた通りだったので想定内です。

見た目的には、多少、張りがでました。他は特に変化はありません。

お腹の状態はかなり苦しかったです。

何を食べたか?

今回はブュッフェへ行ったということもあり、欲望のままに食べました。

cheat-meal-1
cheat-meal-2
cheat-meal-3

上記のプレートに加え、カレー、ビビンバ、デザート等を食しました。

お腹はパンパンで、苦しいを通り越して、若干気持ち悪くなってしまいました。

翌朝の状態と効果

チート直後
after_cheat_201806
翌朝
next_day_cheat_201806

翌日の朝、トイレで用を足し、体重を計測すると、68.8kgとなっていて、すでに1kg落ちていました。

写真で比べると、ウエスト周りが減ったような?

写真ではわかりませんでしたが、塩分や脂分が多い食事をしたせいか、むくんだような感覚がありました。

一番効果を感じたことが、トレーニングをしても全然疲れないということです。

普段は、1日1部位というスタイルでトレーニングを行っていたのですが、3部位やっても疲れませんでした。

更に、発汗も増しました。

実際にチートデイを設けてみて思ったこと

トレーニング時のパワー・スタミナが各段に上がる、発汗が増すという体感をしたことから、

厳しめにダイエットしてるときは、定期的にチートデイを設けることが有効であると感じました。

無意識にトレーニングの質が落ちていることを確認できたので、これからは2週間に1回か3週間に1回はチートデイを設けようかと思います。

ただし、次回は、今回のような高脂質な食事は避けて、炭水化物のみを増やすという食事方法を試そうかと思います。

厳しめにダイエットをしていて、体脂肪率がかなり落ちてきている方は、是非チートデイを試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)