【2ヵ月で-15kg挑戦中!現在5週目】

正しい筋トレのフォームという間違った概念【フォームは人による】

correct-form-is-fault-eye-catch

筋トレの正しいフォームって多分ないです。

というのも、以下のような微妙なフォームでもしっかり筋肉に効くからです。

筋トレにおいては、正しいフォームよりも、筋肉に刺激が入っているか入っていないかが大切だと思います。

結論: 効いていればフォームはどうでもいい

correct-form-is-fault-1

筋トレ系Youtuberのトレーニング動画のフォームをマネしてるのにイマイチ効かない。

こんな経験はわりとあると思うのですが、それはフォームが間違っているのではなく、自分に合ったフォームではないからです。

筋肉の付き方や骨格によって、うまく筋肉に刺激が入るフォームが違ってくるのです。

なので、正しいと言われているフォームを完璧にマネする必要はなく、むしろ自分でアレンジする必要があるのです。

とはいえ、正しい筋トレのフォームは大切

フォームはどうでもいいといいつつ、お手本のような正しいフォームは実は大切だったりします。

というのも、正しいフォームというのは、狙った筋肉に刺激が入るようになっていて、それなりに実績もあるからです。

まずは、正しいフォームというのを身に着けてから、自分なりに工夫していくというのがベストです。

自分に合ったフォームの探し方

correct-form-is-fault-4

筋繊維の方向に沿って動作することを意識することで、筋肉に刺激が入ります。

ということで、筋肉がどのようについているのかというのをイメージする必要があります。

筋肉は、骨のどこに付着しているかで、どのような動きができるかというのが決まってきます。

この付着部分を起始・停止と言うのですが、ここが最大のポイントです。

これを知るのには、解剖図が手っ取り早いのですが、以下の書籍が筋トレ向けに書かれているのでオススメです。

筋肉の形状から筋繊維まで、超リアルなCGで徹底解説!

評価も中々悪くないと思います。

どちらも筋トレ界では有名な石井直方先生が監修しています。

間違っているけど正しいかもしれないフォーム

correct-form-is-fault-4

これから紹介するのは、間違ったフォームと言われていますが、人によっては正しいフォームとなる場合があります。

ベンチプレスでお尻・腰を浮かす

ベンチプレスで重い重量を持ちあげようと、お尻・腰が浮いてしまっている光景を見たことはないでしょうか?

バーを胸におろすというよりは、お腹をバーに当てにいっているような、どこに効いているのかわからないようなフォームです。

このフォームは当然正しくないのですが、狙ってやっているのであれば、それは正しいフォームなのかもしれません。

というのも、お尻・腰を上げると肩回りに無理な負担がかかりません。

ベンチプレスで肩回りをケガをしやすい人は、もしかしたら間違っていると言われるフォームが合っているかもしれません。

稼働範囲はかなり狭くなり、胸の下部がターゲットとなってしまいますが、筋肉に刺激が入ってていればOKではないかと個人的には思います。

ただ、パワーリフティングでの競技では完全にアウトです。

スクワットで深くしゃがまない

スクワットの基本は、膝角度が90度程度になるくらいまでしゃがみこむ。

と、一般的には言われていますが、浅くしゃがむのも間違いではありません。

経験上、脚の長い人は浅くしゃがんだ方が脚の筋肉に刺激が入ります。

ぱっと見、意味の無いようなスクワットにみえるのですが、ぼくは、浅めのスクワットをすることで、スクワットの重量が伸びてきました。(参考にぼくの身長は180cmです。)

実際に、ぼくの場合は筋肉痛も浅めの方が激しかったりするので、深くしゃがむ=正しいとは限りません。

反動を使っている

反動を使うと筋肉への負荷が逃げるので間違い。

と言われたりもしますが、たまに反動を使うことも必要です。

チーティングとも言われたりしていますが、とにかく反動をつけてでも重量を挙げるという日や期間を設けることで、一気に成長する場合があります。

たとえば、いままで5回しか持ち上げれなかった重量が、反動を使ったトレーニングのおかげで、いつの間にか10回持ち上げれるようになったとかです。

1年中、反動ばかり使うのは間違った方法ですが、たまに反動を使うということは正しいです。

まとめ

筋トレのフォームは人それぞれです。

パーソナルトレーナーやYoutubeで紹介されるフォームを完全にマネしても、効果があるとは限りません。

大切なのは自分なりにアレンジすることです。

もし、誰かのトレーニングを参考にするのであれば、できるだけ自分の身長と同じくらいの人を探しましょう。

手足の長さが同じくらいであれば、マネすることで、絶大な効果を得られるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)