【ダイエット中におすすめ】ひとくちソイクランチチョコ(ローソン)

crunch-chocolate-lawson-eye-catch

ぼくだけかもしれませんが、クランチチョコといえば、どこか旅行へいったときのお土産。というイメージがあります。

そんなクランチチョコが、高タンパク質・低炭水化物となって、ローソンから発売されていました。

ひとくちサイズのクランチチョコ

crunch-chocolate-lawson-1
crunch-chocolate-lawson-2

袋を開けると、女性にはちょうどよさそうな、一口サイズの小さなクランチチョコがゴロゴロと入っています。

その数は13個!男性にはちょっと物足りないかもしれませんね。。。

袋はジッパーになっているため、全部食べ切らなくても、「2,3個食べて残りはあとで」というような食べ方が楽にできます。

輪ゴムなどを用意しなくていいのは、ありがたいですね。

他の商品との比較

ガーナ(ボトル)
crunch-chocolate-lawson-3
ガーナリップル
crunch-chocolate-lawson-4
コアラのマーチ
crunch-chocolate-lawson-5

比較に丁度よさそうなものを家で漁っていたところ、ガーナチョコレートシリーズと、コアラのマーチがあったので、並べてみました。

比較商品
  • ガーナチョコレート(ボトル)
  • ガーナリップル
  • コアラのマーチ

ちなみに、ガーナチョコレート(ボトル)とガーナリップルのパッケージは以下です。

ガーナチョコレート(ボトル)
crunch-chocolate-lawson-7
ガーナリップル
crunch-chocolate-lawson-6

ガーナリップル・コアラのマーチの両方とも一口サイズなのですが、それよりも小柄なクランチチョコ。

ガーナチョコレートのボトルタイプよりはかろうじて大きいようです

個人的にはちょっと小さめに感じました。もう少し大きいと嬉しいですね。

カロリーなどの栄養成分

crunch-chocolate-lawson-8

カロリーは171kcal

ガーナリップルやコアラのマーチなどのカロリーが250kcal超えということを考えると、かなりの低カロリーを実現しています。

容量がそもそも違うので、当たり前といえば当たり前なのですが、、、

タンパク質:12.6g

パッケージの表・裏面の表記で強調されているだけあって、かなりの高タンパク質です。

さすが大豆を使っているだけありますね。

炭水化物:12.5g(糖質:11.1g)

コアラのマーチの炭水化物を確認すると30gでした。

その半分以下ですので、超低炭水化物といえます。

脂質:8.2g

こちらも炭水化物同様、普通のお菓子と比べると半分くらいの脂質がカットされています。

総合評価

ひとくちクランチチョコの評価
カロリー
(5.0)
タンパク質
(4.0)
炭水化物
(4.0)
脂質
(4.0)
ボリューム
(3.0)
(4.0)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

チョコのお菓子でタンパク質をここまで摂れるのはすごいと思います。

ウイダーinのプロテインバーと比較すると、カロリー・タンパク質・価格において、全てを凌駕しているので、変に栄養補助食品を買うよりは、こちらのお菓子を買ったほうがいいですね。

参考 inバープロテイン森永製菓

感想

食べ始めは普通にクランチチョコなのですが、しばらく食べ進めていくと、大豆の風味を感じるようになっていきます。

具体的には、節分に撒くときの豆の風味といったところでしょうか。

この豆がいい仕事をしていて、後味がさっぱりしていて食べやすいです。

そのため、何も考えずに食べているとあっという間になくなってしまいます。

数が13個と少ないので、計画的に食べないといけない商品ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)