【2ヵ月で-15kg挑戦中!現在5週目】

5日間で-2.4kg!ゴールデンウィーク中の暴食の効果で体重激減?【ダイエット18週】

diet-progress-2nd-05-02--eye-catch

ダイエット中なのにゴールデンウィークで食べすぎちゃった...

よっぽど意志が固くないと、ゴールデンウィークは10連休なので、さすがに食べすぎちゃいますよね。

ぼくも予定外の暴食があって体重が激増しました。

さすがに毎日食べすぎはNGですが、2,3日くらなら大丈夫だよっていうことが確認できたので、ダイエットの記録と合わせてお届けしたいと思います。

食べ過ぎたのにたった5日間で-2.4kg?!

GW中の暴食で激増した体重が、GW明けの5日間で-2.4kgと体重が激減しました。

一体なにをしたのか?

実は何もしてません。

GWが明けてからきっちりとダイエット食に戻しただけです。

GW中の暴食日(チートデイ)は2日間

diet-progress-2nd-05-02-1

GW中に暴食してしまった日は2日間です。

いわゆるチートデイというやつですね。

グラフを見れば一目瞭然。

一気に体重が増え、GW前の体重から、たった2日間の食事で2.2kgも増加してしまいました。

食べたものについては前回の記事をご覧ください。

↓前回の記事はこちら↓
diet-progress-2nd-04-04-and-05-01-eye-catch どう変わった?食生活が乱れがちなGW中のダイエット【ダイエット16週・17週】

GW明けからスルスルと落ちる体重

GW前のダイエット食に戻した翌日から、体重が毎日減っていきました。

そして5日目には最低体重の記録を更新。

今まで1ヶ月近く動かなかった体重が、GW中の暴食のおかげで、体重が減り始めたのです。

補足
最低体重を更新した翌日は、体重が元に戻りかけていますが、さすがにフラフラになったので食事を摂りました。

暴食してもOKな3つのポイント

実際に、暴食後に体重が減ったポイントは3つです。

  • 体重がしばらく停滞している
  • 暴食(チート)は1日に1食のみ
  • 週に半分以上は運動をしている

特に、体重の動きがしばらく停滞している場合に効果があります。

体重が停滞している状態に陥るということは、ある程度ダイエット期間が長いということ。

停滞している場合は、代謝が落ちてしまい、低燃費のカラダになってしまっている可能性が高いです。

そこに大量の食事を摂取すれば、代謝機能がある程度回復して、体重がまた減り始めるという仕組みです。

もちろん運動は常日頃から実施しているという前提です。

ぼくの場合は毎日運動しているので、ちょっとやりすぎかもしれません。

最近の食事は超低脂質

diet-progress-2nd-05-02-2

ご覧の通り脂質をほとんどカットしています。

夕食を除けば脂質は10g以下です。

それに伴いカロリーも1日1500kcalほど。

この食事を続ければ痩せはしますが、停滞もしやすいです。

そのため、適当なタイミングで1日1食のみ食事量をグッと増やして代謝の機能を落とさないようにする必要があります。

食事量の増やし方は、なんでも食べていいチートデイはあまりお勧めできません。

お勧めは糖質のみを増やすカーボリフィード

以下の記事は、たった一週間で変化が表れたときの記録です。
diet-progress-2nd-04-03-eye-catch カーボリフィードで皮下脂肪が減った?ダイエット後半に取り入れた効果【ダイエット15週】

体重が減ってもカラダの変化は見られず

diet-progress-2nd-05-02-3

体重が急に減ったからといって身体がすぐに変わるわけではないようです。

GWの暴食で体重が動き始めたので、もしかすると1,2週間後にはもう少し変化があるかも?

変化したタイミングを見逃さないよう次回も経過を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)