1週間で増える皮下脂肪の量はこちら【ダーティバルクの効果】

dirty-bulk-1week-eye-catch

丁度1年前、ダイエット後にリーンバルクを試みました。

ダイエット直後は少しずつ食事量を戻し、できるだけ皮下脂肪を増やさずに筋肉をつけようという計画です。

しかし、今回はいくら皮下脂肪が増えようがお構いなし!

ダイエット終了直後から、とにかく食べるダーティバルクへと移行しました。

1週間でどの程度皮下脂肪が増えるのか、リーバルク時の時と同様に画像で比較してみました。

1週間で増える皮下脂肪の量

大会後から増量期に入り、その経過について毎週記事にしていますが、もう少し詳細を見ていこうと思います。

1週間で消える腹筋

dirty-bulk-1week-1

ダイエット直後から1週間おきに、お腹周りを中心に写真を撮ってみました。

ダイエットが終わってからの1週間の変化が凄まじいことがお分かりかと思います。

腹直筋・腹斜筋といったお腹周りの筋肉のストリエーションは完全に消えています。

薄っすら腹筋が見えるかな?程度で完全にぽっちゃり体型に。

2週間も経過すると、更に脂肪が乗り、下腹部に見えていた苦し紛れの腹筋のラインも消えてしまっています。

ちなみに体重の増え方は

  • 1週間後:+7kg
  • 2週間後:+2kg

というようになっていて、ダイエット直後から+9kgの増加となっています。

つまむ→つかむへ

dirty-bulk-1week-2

見た目でも皮下脂肪が圧倒的に増えていることは分かりますが、実際、どの程度厚みが増したのかも確認してみます。

ダイエット直後は薄皮1枚とはいきませんでしたが、皮下脂肪はかなり薄く、指でつまめる程度しかありません。

しかし、1週間後はどうでしょう?

一気にわしづかみできるレベルの厚みになっています。

2週間後には、更につかめる量が増えて、全体的にプルプルしてます。

暴飲暴食の食生活

dirty-bulk-1week-3

1日の摂取カロリーは少なくとも3000kcal

基本的には4000kcalを超えています。

多い時で、ラーメン・チャーハン・ピザ1枚を1食で平らげます。(上記画像が実際に食べたモノです)

  • ラーメン:700kcal
  • チャーハン:700kcal
  • ピザ:1000kcal

上記は概算のカロリーですが、合計すると2400kcalです。

1食で成人男性の摂取カロリー目安を超えています。

これは太るのも頷けます。

ダーティバルクの良い点

このように、何も計画をせずにとにかく食べまくって体重を増やすという手法をダーティバルクと言います。

筋肉量は大して増えず、脂肪ばっかり増えていくだけでは、、、?

と思いつつ、ひたすら食べ続けていたのですが、良い点もありました。

パワー・持久力が上がる

高強度のトレーニングをしてもとにかく疲れません。

2時間以上トレーニングしてもまだ余力があるくらいです。

まだ1ヵ月も経ってない検証結果ですが、筋力・持久力共に日に日に向上していくのを実感できます。

ストレスフリー

食事のストレスから解放されます。

ダイエットやリーンバルク中は、PFCバランスカロリーを気にして食事を厳密に管理していましたが、ダーティバルクはその必要がありません。

何も気にせずにただ食べるだけなので、外食などにも気軽に行けます。

まとめ

ダーティバルクを始めると1週間であっという間に皮下脂肪がつきます。

過去の記事を見ていただければわかるかと思いますが、リーンバルクの時とは比べ物になりません。

どんなに脂肪がついても構わないから体重・筋肉を増やしたいという方は、ダーティバルクを試してみるとよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)