【2ヵ月で-15kg挑戦中!現在5週目】

【画像あり】これって手足口病?症状には個人差があるという話【0歳・3歳】

hand-foot-and-mouth-disease2-eye-catch

先日、3歳の娘が手足口病を発症しました。

そして数日後、、、

0歳の息子に移りました。

手足口病の感染力は凄まじいですね。

二人の経過を観察していて、手足口病の症状が少し違っていたので、これって手足口病?

と不安になっている方のために、症状について簡単にまとめてみました。

3歳の子の手足口病(幼児)

hand-foot-and-mouth-disease2-3

まずは3歳の子が手足口病を発症しました。

いったいどこからもらってきたのか。。。?

初期症状は肛門周辺から

はじめはおむつかぶれかな?というような感じで、肛門周辺に発疹がぽつぽつとできていました。

手・足・口・膝・肘には何も目立った症状はありません。

この時点では、よくわからないので、手足口病と判断することはできません。

翌日に発疹が目立ってくる

多くのお母さんは、このあたりから「もしかして手足口病?」と疑うようになるのではないでしょうか?

翌日、手のひら・足の裏に薄っすらと発疹が出始めました。

特に水膨れになったりはせず、赤い斑点のような軽度の発疹です。

口の中を見てみると、舌に1つだけ口内炎のようなできものがありました。

口の中は痛くない様子で、普通に食事も摂れる状態です。

うちの子は熱がでなかったので、手足口病っぽいけど、もしかしたら違うのかな?

と、80%は手足口病だと思いながら、まだ確信にはいたりませんでした。

2日後に発疹が目立ち食事が摂れなくなる

hand-foot-and-mouth-disease2-1

2日後、肘・膝に発疹が出始め、手のひら・足の裏の発疹は増加。

完全に手足口病と確信します。

口内にも発疹がいくつかできていて、ついに食事が摂れなくなりました。

熱は出ていません。

飲食できなかったもの

  • 飲料全般(お茶・ジュース)
  • 食事全般(米類・麺類など)

お茶すら飲みたくないという始末。

アイスも食べたくないということで、薬も飲めません。

唯一食べれたものは、お菓子のサッポロポテト

うどんは食べれなくて、サッポロポテトは食べれるという謎。

ひとまず、1日はサッポロポテトで過ごします。

1週間後に落ち着く

2、3日目くらいがピークで、以降は症状が落ち着いていきます。

1週間もすれば、発疹は茶色くかさぶたのようになり、いつの間にか消えていきます。

0歳の子の手足口病(新生児)

hand-foot-and-mouth-disease2-4

まさか生まれて1ヵ月ほどで手足口病になるとは思いませんでした。

新生児や乳児の期間で手足口病になると、入院するケースも珍しくないみたいです。

初期症状は肛門周辺から

3歳の子と同様、やっぱり初期症状は肛門周辺から発症しました。

それ以外は何も症状は発症していません。

「まさか、移ったんじゃ・・・」

と不安になります。

翌日に発疹?

翌日、手の甲に、発疹のようなものが。

とはいえ、元々あったような気がする、、、

というような感じで、発疹なのか間近で見てもわからないレベルです。

熱もないし、その他は初期症状と何も変わってないような気がしました。

2日後に発疹が増えたかも?

2日後、前日よりも発疹が増えたような?

しかし、はっきりしません。

手の甲や腕に発疹がいくつか増えてるかなぁという程度です。

乳児湿疹とも見分けがあまりつきません。

そのほか、手のひら・足の裏・口内には目立った発疹はありませんでした。

ミルク・おっぱいも通常どおり飲めています。

3日後におっぱいを飲まなくなる

hand-foot-and-mouth-disease2-2

3日後、手の甲・腕周りの発疹が増え、はっきりしてきました。

と同時におっぱいの飲む量が激減。

口の中には何もできているように見えないのですが、哺乳瓶を咥えさせると痛がるような素振りをみせます。

完全に手足口病です。

幸い、完全に飲まなくなることはなかったので入院は免れました。

ここで、完全に飲まなくなると、入院コースになります。

5日後から症状緩和

手の甲に発疹は残るものの、おっぱい・ミルクの飲む量が回復しました。

機嫌も少し良くなったような?

症状には個人差がある

hand-foot-and-mouth-disease2-5

二人とも熱は出ませんでしたが、3歳と0歳の子では、発疹の出方や症状が違いました。

例えば、上の子は手のひらに発疹が出たから、下の子も手のひらに発疹が出る。

とは限りません。

特に新生児の初期症状は、発疹なのかの判断がつきにくいので、怪しいと思ったら、毎日よく見るようにしましょう。

0歳の子の方が軽症だった理由

手足口病の症状としては、0歳の子の方が軽症でした。

お医者さんによると、新生児の場合、母親の抗体を持っていることがあるので、それによって軽傷で済む場合があるようです。

ちなみに、生まれて2ヵ月・3ヵ月後の乳児期に突入すると、抗体を持っていても、免疫が落ちてきてしまうので、症状は重くなりがちとのこと。

イメージ的には新生児の方が、危険そうですが、そういうわけでもないみたいですね。

まとめ

以上、3歳と0歳の子の症状をご紹介しましたが、症状には個人差があります。

手のひら・足の裏に発疹ができていなくても、他のところに発疹ができていれば要注意です。

どこかしらに発疹ができたら、手足口病を疑いましょう。

以下の記事に、質問集をまとめてみましたので、気になる方は見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)