2カ月で-15kgに失敗...【進捗はこちらをクリック】

プレワークアウトMr.HYDEを摂取した感想【覚醒します】

mr-hyde-review-eye-catch

プレワークアウトサプリメントMr.HYDEって知ってますか?

先日iHerbで購入して、摂取してみたところ、中々よかったので、記憶が鮮明なうちに感想でも書いておこうと思います。

早朝トレーニングをする人にとっては、シャキッとするのでおすすめですよ。

Mr.HYDEの感想:覚醒します

Mr.HYDEを摂取してみたところ、わりと覚醒感を感じました。

飲んだ瞬間いきなり覚醒するというわけではなく、気づいたら覚醒・パフォーマンスが向上していたという感じでしょうか。

以下がHYDEを摂取し、筋トレが終わった後のツイートです。

超寝不足状態で早朝(朝4時前)に筋トレをしたのですが、いつもと同様のパフォーマンスを維持することができました。

集中力も持続したような?

ただ、最後の方に書いてある通り、筋トレを開始して1時間が経過するかしないかのタイミングで、急に疲れがドッっと出てきました。

逆にそれほど強い効果があったということなのかもしれないですね。

HYDEの栄養素をチェック

mr-hyde-review-1

注目すべきは主にカフェインの含有量です。

1回の摂取で1日の上限ギリギリです(女性はアウト)。

というわけで、他の栄養素を含めて注目すべきポイントを見ていきましょう。

カフェイン378mg?!

誰もが知っている、コーヒーに含まれカフェインのことですね。

強い覚醒作用をもたらし、筋トレのパフォーマンス向上に期待できます。

そしてカフェインの含有量はなんと378mg。

安全とされる1日の上限値ギリギリです。

1日のカフェイン摂取量の上限

  • 成人男性:400mg
  • 成人女性:300mg

上記は1日の安全量とされる目安です。

というわけで、カフェイン耐性が弱い人はちょっと危険かもしれませんね。

補足
致死量は1日に3000mgです。

ニトロシギンのパンプ力

ニトロシギンとは、従来のアルギニン強化版というようなイメージです。

効果は以下の3つ。

ニトロシギンの効果

  • パンプ作用
  • 筋肥大効果
  • 疲労回復

特にパンプ作用が強く、通常のアルギニン・シトルリンよりも血管拡張力が高いと言われています。

参考 ニトロシギンとは?PRO SUPPS

上記サイトの解説によると、血流については、アルギニンの5倍の威力があるようです。

従来のL-アルギニンよりも血管の弛緩を最大500%効果的に促進することをデータが具体的に示しています。

筋肉の張りがイマイチ出ないなぁという方には嬉しいポイントですね。

ベータアラニンの覚醒作用

主に覚醒作用が強い成分です。

カフェインとはちょっと違う覚醒感があります。

効果は主に以下の2つ。

ベータアラニンの効果

  • 筋出力の維持
  • 覚醒レベル上昇

筋トレの後半になるにつれて、筋肉が疲労して、重い重量が段々扱えなくなってきます。

これをなるべく防いで、筋出力をなるべく維持しようというような作用が働きます。

とはいえ、筋出力の維持という観点では正直体感はできないかもしれません。

一番体感できるのは、肌のピリピリ感だと思います。

ピリピリするという物理的な感覚を得ることができるので、これが覚醒に繋がります。

人によってはこのピリピリ感が逆に不快になる場合があるかもしれませんね。

ちなみに、ナイアシンも含まれているので、ピリピリ感がより強く感じられるかもしれません。ナイアシンフラッシュという作用)

摂取タイミングは30分前

morning-activities-3am-1

筋トレ30分前が丁度良さそうです。

ぼくの場合、3時半ごろに起床して即HYDEを摂取します。

すると4時に筋トレを開始するころには、わりと体が覚醒しています。

起きてから2時間くらい経過したような感覚でしょうか?

価格はちょっと高め

以下のリンクを見ていただければわかりますが、正直ちょっと高いです。

お金に余裕があるのであれば、買ってみる価値はあるかもしれませんが、比較駅安いMusclePharmのプレワークアウト(アサルト)でもいいと思います。

ぼくも使用していましたが、何よりコスパが良いので大体こちらを使用しています(頻繁に30%オフのセール対象になります)。

カフェインの量も250mgとちょっと多いくらいなので、初心者でも安心して摂取できますね。

Youtubeで検索すれば沢山レビューが出てくるので、一度検索してみると良いかもしれません。

注意:夜トレに使用すると寝れなくなるかも?

double-split-2

HYDEにはナイアシンが含まれていて、筋トレ後の安眠効果が期待できますが、先述した通り、カフェインの含有量が多すぎます。

そのため、カフェイン耐性が弱ければ夜寝付けないかもしれません。

HYDEを使用するならば、遅くても夕方くらいに筋トレをしたいところです。

まとめ:早朝トレーニングをするならHYDEはあり

早朝トレーニングをする場合は、いかに早く体を覚醒するかがポイントになってきます。

これにはカフェインやベータアラニンが効果的で、その含有量が圧倒的なHYDEを摂取するというのは理にかなっています。

ただ、毎日摂取すると体が慣れてきてしまうので、ここぞというときに使用するといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)