Youtubeへ参入したため週1更新です

脚を太くするのにバーベルスクワットをする必要はあるのか?【高身長の悩み】

need-barbell-squats-eye-catch

脚のトレーニングといえばスクワット。

特に、フリーウェイトのバーベルスクワットが絶対的な脚トレとして定着しています。

そんなわけで、日々重たい重量を担いでスクワットをするわけですが、胸や腕とかに比べて、なんか効いてる感じがしない。

そんな思いをしているのは、ぼくだけではないはず。

脚を太くするにあたって、バーベルスクワットってやる必要あるんでしょうか?

バーベルスクワット必要と言われる理由

脚のトレーニングといったら、バーベルスクワット

どこでこんなことを擦り込まれたのかはわかりませんが、ぼくもそんな意識のもと必死にバーベルスクワットをやっています。

そもそもなんでバーベルスクワットが必要と言われているのでしょう。

ダイエット効果

バーベルスクワットは消費カロリーが多く、ダイエットにおいては非常に効果的です。

なぜ消費カロリーが多いかというと、脚は身体全体の筋肉の中で一番大きな筋肉だからです。

大きな筋肉を動かせばその分カロリー消費が増えるのです。

さらに、バーベルスクワットは、脚だけでなく、腹・背・腕といった全身の筋肉を使うので、より一層カロリーが消費されるというわけです。

高負荷を掛けられる

バーベルを使うことで、大きな負荷を身体全体に掛けることができます。

バーベルにプレートを積めばあっという間に100kgに到達します。

高負荷を掛ければ、それに見合った脚になるので、太くたくましくなると言われています。

たしかに、高重量を扱えれば脚が太くなるような気がします。

身体のコントロール(バランス)

初めてバーベルを担いでスクワットをしたとき、身体がグラつく経験をしたことはないでしょうか?

スクワットは、ただしゃがめばいいというだけでなく、姿勢を保持したまましゃがみ込まなければならないので、 全身の筋肉をコントロールする必要があります。

グラつきがなくなり、重い重量を扱えるようになったころ、いつの間にか身体のコントロールがうまくなっています。

コンタクトスポーツをしていればその効果は分かりやすいです。

例えば、サッカーなどで身体が接触する場面がありますが、スクワットをやり込んでいると当たり負けしません。

脚を太くするならバーベルスクワットは不要かも?

バーベルスクワットは確かに効果がありそうだけども、脚を太くするという点であれば、マシンのみでいいんじゃないか?

と思い始めた理由を挙げてみます。

マシン重視のボディビルダーがいる

ボディビルといえば太い脚。

そんな究極の脚を作り上げた、ドリアンイェーツというボディビルダーがいます。

この選手は、バーベルスクワットをほとんどしません。

ハックスクワットやスミスマシンといったマシンメインでのトレーニングで太くて逞しい脚をつくりあげています。

脚を太くするにはマシン

レッグエクステンションをやり込んだほうが筋肥大効果が高かったという研究内容を、何かの論文か記事で見かけました。

パワーリフターの方がスクワットの重量は上がるけど、脚の太さという点ではボディビルダーの方が太い。
その理由の一つとして、レッグエクステンションなどのマシン種目をやり込んでいるから。

というような内容だった気がします。

バーベルスクワットで筋肉痛がこない

バーベルスクワットを様々なフォーム・スタンスで試してみましたが、ほとんど筋肉痛になりません。

筋肉痛はエキセントリック収縮が原因で起きるもので、筋肉の成長とは関係ないとはいわれていますが、それにしても刺激が入っていないような気がします。

一方、ハックスクワットやレッグプレスを行うと、翌日にそれなりの筋肉痛がきます。

高身長はマシンが良いかもしれない

need-barbell-squats-1

身長180cm以上の人で、高重量のスクワットをしている人をあまり見たことがありません。

おそらく、その理由の一つが脚の長さです。

脚が長いことにより、しゃがみこんだ時のバランスを取るのが難しくなります。

このバランスを取るために、

  • 姿勢を前傾させる
  • 膝を前に出す
  • 足幅を広げる

といった工夫が必要になるのですが、これをすると何処か痛めます。

少なくともぼくは怪我をしたことがあります。

怪我のリスクや本当に効果があるのかという点を考えると、無理してバーベルスクワットにこだわる必要はないかもしれません。

効果を感じたマシン

身長180cmのぼくが効果を感じたマシンは

  • ハックスクワット
  • アングルドレッグプレス

この2点です。

特にハックスクワットは強烈な筋肉痛がきました。

アングルドレッグプレスにつていは、ハンマー・ストレングスのものがオススメです。

ハックスクワットは設置している店舗が結構レアですが、アングルドレッグプレスは、ちらほら見かけるようになってきました。

ぼくと同じ悩みを持つ高身長の人は、是非この2つのマシンで追い込んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)