2カ月で-15kgに失敗...【進捗はこちらをクリック】

オメガ3はダイエットに効果的ですよ【くるみを食べよう】

omega3-diet-effect-eye-catch

ダイエットサプリと言えば、カルニチンやオメガ3(フィッシュオイル)を想像する方は多いかと思います。

カルニチンは脂肪の分解をサポートしてくれるサプリです。

ではオメガ3はどんな効果があるのでしょう?

オメガ3の効果

  • 脂肪を燃やしやすくなる
  • 体脂肪を溜めにくい

簡単に言うと上記の通りですが、もう少しだけ掘り下げてみていこうと思います。

良い油と悪い油

omega3-diet-effect-1

オメガ3の前に油についてのお話です。

油といえば、以下の2つに分類して、良い・悪いを決めてる方が多いのではないでしょうか?

オメガ3の効果

  • 飽和脂肪酸:体に悪い
  • 不飽和脂肪酸:体に良い

大雑把に言えば合っているのですが、細かく言うと少しだけ間違っています。

体に良い飽和脂肪酸もある

飽和脂肪酸は以下の3つに分類されています。

飽和脂肪酸の種類

  • 短鎖脂肪酸
  • 中鎖脂肪酸
  • 長鎖脂肪酸

上記の中で、中鎖脂肪酸は体に良い油とされています。

というのも、摂取してからエネルギーになるまでの時間が非常に早いので、脂肪として蓄積される前にエネルギーとして放出されるからです。

ココナッツオイルとかMCTオイルとかが中鎖脂肪酸にあたり、ケトジェニックダイエットを実施するうえでは、わりと活用している人も多いかと思います。

体にいいとはいえ、炭水化物と一緒に摂取してしまえば中鎖脂肪酸のエネルギー効果は抑制されてしまうので、食べ合わせに注意が必要です。

体に悪い不飽和脂肪酸もある

不飽和脂肪酸は、オメガ脂肪酸ともいわれ、身体にいい油というイメージがありますが、実は身体に悪い油もあります。

それが、トランス脂肪酸です。

マーガリンやパンやお菓子を作る際に使用する油ですね。

これは人工的に作られた油で、体で正常に代謝できなかったり、心臓病などのリスクがあるとされています。

ですので、マーガリンを使用するのであればバターを使用するなどして、なるべくトランス脂肪酸を避けるようにすると良いです。

ダイエットにおいて有効なのがオメガ3

omega3-diet-effect-2

オメガ3と言えば以下2点の成分です。

オメガ3とは

  • DHA
  • EPA

上記は、オメガ3を摂取したときに、体の中で代謝されて生成される物質です。

特にダイエットにおいて効果的なのがEPAで、脂肪を燃やす細胞を活性化させます。

このほか、筋肉分解を抑制して、筋肉合成を高めるという効果もあります。

ダイエットや筋肉のためであればEPAを重視して摂取したいところです。

摂取量の目安

1日あたり1000~2000mg摂取すればOKです。

青魚を食べれば手軽に摂取できるのですが、意外と調理に手間です。

ということで、おすすめが「くるみ」です。

くるみであれば、1掴み分くらいで1日の摂取量2000mgを軽く超えます。

ただし、食べやすいがゆえに、意外と食べ過ぎになりがちなので、注意が必要です。

食べ過ぎてしまえば、良い油とはいえ、脂肪として蓄積されてしまいます。

オメガ3の選び方

サプリメントとしての選び方は、EPAが多く含有されているものです。

DHAの2倍ほど含まれているのがベストです。

というわけで、以下の商品が良いかと思います。

成分が「500 EPA / 250 DHA」と明記されており、丁度EPAがDHAの2倍ですね。

マイプロテインでも販売されていますが、なんとEPAの含有量がDHAの6倍!

価格が高いだけありますね。

まとめ:オメガ3は積極的に摂取しよう

くるみかサプリメントを利用して、オメガ3を積極的に摂取すると、ダイエットや筋トレが捗ります。

くるみであれば、間食に食べれますし、サプリメントであれば、1日一粒でOKだったりするので、自分のライフスタイルに合わせて摂取するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)