2カ月で-15kgに失敗...【進捗はこちらをクリック】

【オービィ横浜】予想以上に動物と触れ合える動物園?【平日は混雑とは無縁】

orbi-yokohama-eye-catch

「近場で行ける動物園」

と、言われて横浜市民が思い浮かべるのは、ズーラシアではないでしょうか?(ぼくだけ?)

ズーラシアには、数多くの動物たちがいるのですが、デメリットがいくつかあります。

  • 夏場は暑い
  • 冬場は寒い
  • 天候に左右される

これらのデメリットを全て解消した施設が、オービィ横浜です。

動物園とはちょっと違うので、大型の動物はいませんが、多くの動物と触れ合うことができます。

実際に遊んでみたのですが、予想以上に触れ合うことができるので、動物好きにはたまらない施設です。

施設内の楽しさはYoutuberの方たちに任せるとして、今回は平日の混雑度にフォーカスして紹介していきたいと思います。

料金は二通り

orbi-yokohama1

まずは料金についてです。

料金は大きく分けて、

  • 1日フリーパスポート
  • 入館料のみ(+各体験コーナーの料金)

の二通りです。

入館料のみを払うパターンの場合、入館後、施設内に券売機があるので、そこで行きたい体験コーナーの分だけチケットを購入する形です。

動物と触れ合える体験コーナーは、大体500円します。

4回体験すれば、1日フリーパスで元は取れるので、1日遊ぶ気なら1日フリーパスが絶対にお得です。

ちなみに、3歳以下は無料です。

トイレ・授乳室について

orbi-yokohama2

オービィの施設内に、トイレ・授乳室(隠し?)があります。

おむつ替え台も一応設置されているので、子連れでも安心です。

トイレは3カ所

トイレは、1階に2か所と2階に1カ所。

計3カ所にあります。

1階のみ多目的トイレがあり、ここが1階で唯一のおむつ替えできる場所になります。

2階は女子トイレにおむつ替えの台があります。

というわけで、おむつ替え専用部屋は無いので、休日で混雑が予想される場合は、素直に一旦退館してから再入場したほうがよさそうです。

授乳室はスタッフに問い合わせる

授乳室は無いので、一度退館して、マークイズ4Fにあるフードコード横の授乳室まで向かう必要があります。

が、実は裏技があり、スタッフさんに声をかけると、オービィ横浜の隠し?授乳室に案内してくれます。

子供が複数人いて大変というときは、スタッフさんに声をかけると良いかもしれません。

ベビーカー置き場は3カ所

orbi-yokohama3

各体験コーナーは、基本的にベビーカーを持ち込めません。

そのため、ベビーカーは専用スペースに置く必要があります。

  • 受付横(施設外)
  • マルチスペース(施設内1F)
  • アニマルスタジオ(施設内2F)

以上、3カ所にベビーカー置き場があります。

平日は、ベビーカーを畳まないで置けるくらいの余裕がありました。

各体験コーナーの混雑具合

平日だからなのか、基本的にほとんど待ち時間はありませんでした。

キャットパラダイス[混雑度:中]

orbi-yokohama4

猫カフェみたいな感じで、猫と触れ合える部屋です。

餌(かつお節)は一組一個までで、200円かかります。(人間が飲むソフトドリンクは100円)

ここだけは唯一、常時列ができていました。

基本15分待ちで、最も混雑している時間帯で30分待ちです。

定員が20名までと割と少ないので、そんなに並んでないと思っていても、意外と待ちます。

orbi-yokohama5

↑の並び具合で15分待ちです。

アニマルセルフィー[混雑度:低]

orbi-yokohama6

モニターの前に立つと、自分の姿がパンダになったり、シマウマになったり、、、

その姿を撮影することもできます。

こちらは館内の中央に7台?設置されています。

移動中に軽く遊んでみる程度で、順番待ちはありませんでした。

アニマルヴィレッジ[混雑度:低]

orbi-yokohama7

一般観察体験とシマリス観察ツアーの2種類を選択することができます。

シマリスと触れ合うには、シマリス観察ツアーを選択する必要があるのですが、3歳以下はNGとのことで、体験することはできませんでした。

一般観察体験は、シマリスと触れ合うことはできませんが、ウサギやフェレットと触れ合うことができます。

看板には待ち時間が記載されていましたが、どちらも順番待ちはほぼありませんでした。

orbi-yokohama8

(シマリス観察は15分間隔で行われるので、タイミングによっては15分待ち)

アニマルガーデン[混雑度:中]

orbi-yokohama9

アニマルヴィレッジと併設しているこちらのコーナーは、ヘビ・イグアナ・アルマジロといった、ちょっと変わった動物と触れ合うことができます。

ヘビやオウムなど、一部の動物は、スタッフさん同伴かつタイミングが合わないと触れ合うことができません。

カメは常時放し飼い状態?なので、その辺を歩いています。

orbi-yokohama10

アニマルヴィレッジより触れ合える動物が多いので、シマリスに拘らないのであれば、こちらをオススメします。

待ち時間はほぼ無しでした。

インフィニットアクアリウム[混雑度:低]

orbi-yokohama11

プチ水族館です。

魚たちを楽しむというよりは、演出を楽しむ感じです。

鏡張りになった暗い通路は深海を彷彿とさせます。

水槽にかじりついている人は誰一人といませんでした。

シアター23.4(フライトトレーニング)[混雑度:中]

orbi-yokohama12

毎日13:30~1日限定で、鳥たちのショーをみることができます。

内容は、フクロウやインコなどが客席の上空を舞ったり、ステージ上でブルーベリーをキャッチする芸をしたり。

orbi-yokohama13

鳥好きにはたまらないのでしょうが、そうでない人は見に行かなくてもいいかもしれません。

「1日1回しかやらないので、見逃すと今日は見れません」

というように大々的なアナウンスが流れますが、内容は意外と、、、

この間に、混雑気味のキャットパラダイスに行った方が楽しめるような気がします。

混雑度は、会場が半分も埋まらないくいで、ギリギリに行っても前の方の席は空いてました。

ちなみに、ベストポジションは通路側です。

orbi-yokohama14

というのも、通路側から通路側へと鳥たちを飛行させるので、動物を近くで見たいなら、前よりも通路側を狙ったほうが吉です。

マウンテンゴリラ[混雑度:低]

orbi-yokohama15

ゴリラの3D映像とエアー(風)を掛け合わせた4D体験ができます。

こちらは撮影NG

特殊なメガネをかけて10分ほどの映画?を楽しみます。

基本的に一人も並んでいませんが、たまに4Dというパワーワードに惹かれる人たちの列ができます。

個人的には並んでまで見るほどではないかなと、、、

マウントケニア[混雑度:低]

orbi-yokohama16

氷点下の世界を体験することができます。

こちらも撮影はNG

巨大な冷凍庫に入るイメージです。

この冷凍庫までは、3歳以下でも入ってOKです。

冷凍庫の中に、さらに個室が用意されていて、ここで暴風を体験することができます。

暴風部屋は3歳以下は入れないので、親だけで楽しむという形になります。

待ち時間はほぼ無しで入れます。

メガバグズ[混雑度:低]

orbi-yokohama17

小さい子向けの遊具やボールプールがあります。

こちらは常時貸し切り状態。

ボールプールは年齢制限を設けているので、小さい子でも安心して遊ぶことができます。

アースクルージング[混雑度:低]

orbi-yokohama18

巨大なスクリーンに、空撮映像が流れます。

映像に合わせて風の演出があるので、まるで空を飛んでいるような気分になれます。

5分程度なので、ちょっとした休憩によさそうです。

2回ほど足を運んだのですが、2組いれば多い方でした。

アニマルスタジオ[混雑度:中]

orbi-yokohama20

2階にも動物と触れ合えるコーナーがあります。

大量のヒヨコに餌をあげれるというのがポイントでしょうか。

orbi-yokohama19

くちばしが割と痛いです。

ヒヨコの他、イグアナやハリネズミと触れ合うことができます。

こちらは程よく人がいるという程度で、混雑とは程遠い感じでした。

まとめ:1日中楽しめる動物園

正確には動物園ではないですが、一日中楽しめる屋内動物園といった感じです。

予想以上に動物と触れ合えたので少し驚きました。

平日であればほとんど待ち時間はないので、ストレスなく一日を過ごすことができます。

マークイズ自体、子供に配慮した施設になっているので、家族で遊びに行ってはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)