【2ヵ月で-15kg挑戦中!現在5週目】

Youtubeはまだ伸びるという見解に影響されて参入を検討する【社会人はムリゲーかも】

start-youtube-plan-eye-catch

以前、Youtubeへの参入がハードル高すぎて、挫折気味である旨を記事にしました。

ハードル高めという見解は変わりませんが、それでもやっぱりYoutubeへ参入したほうがいいのかな?と思い始めた。

というわけで、2週間ほど悩み続けたので、上記の記事と被るかもしれませんが、改めてYoutube参入への思いを洗い出してみます。

Youtubeへ参入したほうがいいと考えた理由

talent-for-muscle4

Youtubeはまだまだ発展途上ということで、早いうちから参入した方が良いと言われています。

時代の流れに取り残されないように

これからは通信技術が発展し、動画の読み込みなんて一瞬という時代が到来するといわれています。

5Gというやつですね。

まだ、誰も想像できない状況のうちから、可能性のあるYoutubeへ参入しておくことで、数年後はもしかしたらお金持ちになれるかもしれません。

まぁ可能性は低いのですが、お金持ちになれば、できることが沢山増えます。

宝くじが当たるよりかはチャンスがあると思うので、一度はやってみる価値はあるかと思います。

ブログ参入が遅くて後悔した

当ブログの開設時期は2018年6月です。

わりと最近なのですが、ブログが成熟しきってる状態から参入したことに非常に後悔しました。

というのも、ライバルが多すぎて自分の書いた記事なんてほとんど読まれません。

内容がイマイチというのもあるのですが、、、

Youtubeはブログに比べればライバルは少ないような気がします。

ライバルが少なければ、見てもらえる確率も上がるので、早め早めに始めたほうがよさそうです。

働きながらYoutubeを始めるには

start-youtube-plan-1

Youtube投稿は、膨大な作業量があることで有名です。

では、社会人がYoutubeを始めるにはどうしたらいいのか?考えてみました。

毎日投稿は諦める

社会人は毎日投稿は無理です。

残業が無くて、独身の社会人であれば何とかできるかもしれませんが、所帯持ちとなるともう絶望的です。

子供と遊んだり、家族でお出かけしたりすることが多いので、編集時間なんて少ししかとれません。

というわけで、Youtubeへの投稿は、頑張っても2週に1回というペースになりそうです。

編集を捨てる

編集は人にもよりますが、テロップとかちょっと凝ったものを作ろうとすると、大体6~8時間もかかるそうです。

しかも慣れている人で。

となると、初心者がやろうとすると丸1日かかりそうな気がします。

こは割り切って編集を捨てる覚悟がないとダメそうですね。

とはいえ、完全に編集を捨てると、多分誰からも見てもらえません。

最低限、動画の不要な部分のカットとかはやったほうがいいような気がします。

Youtubeのための時間を確保

編集を最低限にするにしても3時間以上は時間が必要だと思っています。

初回はもっとかかるかも、、、

平日はブログで精いっぱいなので、やるとしたら土日休みと有給休暇のどこかの隙間時間を使うしかなさそうです。

となると、やはり2週間に1回ペースが限界となりそうです。

Youtubeを始めるにあたって準備

start-youtube-plan-2

決めることは以下の3点です。

  • コンセプト
  • 機材
  • 編集ソフト

何となくですが、構想がまとまってきました。

コンセプトは日常

このブログは、「おとうさん」「フィットネス」という要素をコンセプトにして運営しています。

大枠でくくると日常ですね。

自然に無理なく動画が撮れる状況としてはこれしかないかなと考えています。

いわゆるビログ(VLOG)ってやつです。

企画型は時間が無いので絶対無理だと判断しました。

機材はスマホ

カメラを買おうと悩んだりもしたのですが、初心者であればカメラを買ったところで完全にオーバースペックです。

スマホの方が移動時ササっと撮影したりできるので、手持ちのiphoneでいいかなという感じです。

クラウドでの管理も楽ですしね。

編集ソフトはFinalCutPro

MacBookProを所有してるので、FinalCutProの購入を検討しています。

テロップ挿入に関しては結構使いやすいという印象を受けました。

ただ、3万円以上するので、Youtubeを諦めた時にちょっと後悔しそうです。

Youtubeで成功する確率は限りなく低い

と、周りに影響されてやる気にはなっていますが、冷静に考えると、一般人がYoutubeをやって成功することはほとんど無いのかなと思っています。

「Youtubeやった方が良いよ」

と謳っている人は、大体はインフルエンサー的な存在の方々です。

インフルエンサー的な存在であれば、Youtubeを始めた瞬間に人が集まり、あっという間に登録者数は数万人になります。

芸能人とかでもそうですね。

このことから、

Youtubeをやった方が良い人=ブログなど何かしらで成功した人

なのかな?なんて思っています。

ひとまず、一般人のぼくでもYoutubeができるのか?ちょっとずつ勉強を始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)