2カ月で-15kgに失敗...【進捗はこちらをクリック】

筋トレはTwitterと動画を活用すると成長します【撮影には注意しましょう】

twitter-video-workout-eye-catch

筋トレは自分との戦いですが、ツールを利用することでもっと成長することができます。

そのツールとはTwitter動画です。

ジムで声をかけるのが苦手だったり、ホームトレーニーの方は是非活用してみてください。

この記事をみれば、筋トレにおいてTwitterと動画がいかに有効なツールであるかがわかります。

Twitterと動画のそれぞれのメリット

Liposuction-1

Twitterと動画は筋トレとの相性がいいのですが、それは何故か?解説していきます。

Twitterは的確なコメントが貰える

まずは以下のツイートをご覧ください。

ぼくの筋トレ動画をTwitter上にアップロードしました。

すると、コメント数は少ないですが、この動画に対して様々な反応を得ることができます。

  • 共感
  • 感想
  • アドバイス

まとめると上記の感じですね。

共感してもらえたり、こんな筋トレがあるんですね!というようなコメントを貰えると、やる気もでますし、もっと有益な情報を配信いていこうという向上心が生まれます。

これだけでもTwitterを始めるのに意味はありますが、一番意味のあるポイントは、アドバイス系のコメントです。

例えば以下のコメント。

インクラインのほうがより収縮させたポジションで負荷をかけられるので上部内側に有効です。
またストレッチもかけやすいので広いレンジで効くはずです。
ただフラットのほうが力が出るのでミドルレンジで出力強化には適してると思います。
今されているように日によって変えるのがベストと思います。

筋トレをしている人には分かりますが、詳細に細かくポイントを解説してくれています。

「我流でやるからおれは関係ない!」

みたいな人は関係ないかもしれませんが、上記のコメントは初心者にとってかなり有益です。

言われたことを常に取り入れていくスタイルの人であれば、Twitterは筋トレの補強ツールとしてわりと最強です。

動画は自分のフォームチェックに使える

例えば以下のツイートです。

スクワットのMAXを計測したときの内容ですが、思った以上にしゃがみ込めてませんでした。

スクワットは特に、動画撮影した方が良い種目で、自分が想像しているより全然しゃがめてないことがわかります。

というように、動画にすると悪い点が一瞬でわかるので、改善しつつ成長もできるというわけです。

初めて動画を撮ると、意外と自分で思った通りのフォームになっていないのに驚きますよ。

動画をアップロードするのが恥ずかしい人

twitter-video-workout-1

動画をネット上にアップロードするのが怖かったり、恥ずかしいという方は意外と多いかと思います。

しかし、安心してください。

芸能人やインフルエンサーであるのなら分かりますが、一般人の我々に興味を持つ人なんてそんなにいません。

Youtubeを視聴している自分のことを考えてみればわかりますが、一般人の動画を見たところで、顔まで覚えていないはずです。

というわけで、動画をアップロードすることにそこまで躊躇する必要はないです。

1度アップロードしてしまえば、結構慣れます。

動画撮影時の注意

double-split-2

筋トレ動画を撮影する時には注意が必要です。無許可でどこでも撮影していいというわけではありません。

ジムの撮影が許可されているかどうか

まずはジムが撮影OKかの確認です。

最近は撮影OKなジムが増えてきていますが、時代に取り残されているジムは撮影NGというところもあります。

エニタイムとかでは、メールで確認すると回答がもらえます。

以下は、ぼくが実際に「撮影してもいいですか?」と問い合わせた結果の回答です。

エニタイム全店では基本撮影注意となっておりますが、〇〇店では他人が写り込まない場合は撮影可としております。
十分ご配慮頂き、撮影していただければ特に問題はございません。

上記の通り、撮影の許可が下りれば、トラブルになることなく撮影することができます。

お客さんが写り込まないように

撮影する際は、他人が写り込まないように配慮します。

遠目であれば問題無いかと思いますが、顔がはっきりわかってしまう場合は、あとで文句をいわれてトラブルに発展する可能性もあります。

そのため、モザイク処理を掛けたり、お客さんのいない早朝深夜を狙って撮影するというのが良いです。

ちなみに、ぼくは早朝深夜のお客さんが少ない時間帯をおすすめします。

一番いいのは直接見てもらうこと

以上、Twitterや動画は筋トレと相性が良く成長するということを主張してきましたが、一番は実際に間近で見てもらうことが良いですね。

Twitterや動画はあくまで自分で改善していくスタイルなのに対し、リアルな出会いは客観的に見て改善して貰うことができます。

実際の会話の方が情報量も多いですし、感覚的なアドバイスはやはりFace To Faceの方が効果は高いです。

Twitterでも積極的に活動しつつ、ジムでも話しかけていくというスタイルが成長する一番の近道かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)