【2ヵ月で-15kg挑戦中!現在5週目】

VLCDってなに?高速ダイエット法【皮下脂肪が超絶に落ちます】

what-vlcd-diet-eye-catch

最近、筋トレ系YoutuberがVLCDというダイエット方法についてを勧める動画が乱立していたので、いったい何なのかを調べてみました。

結論から言うと、超カロリー制限するダイエット法らしいのですが、これがめちゃくちゃ痩せるらしいのです。

内容を見てみると、どうやらぼくもVLCDに当てはまるダイエットを知らずうちにやっていた模様。

というわけで、どんなダイエット方法なのかを簡単に触れて、実践するとどのような変化があったのかを紹介しようと思います。

VLCDとは?

what-vlcd-diet-1

Very Low Calorie Diet の略らしいです。

超低エネルギー食療法とかフォーミュラ食とも言われています。

Youtuberから生まれた造語かと思ったら、1970年代からすでに存在していたらしいのです。

元々、糖尿病の患者向けに考案された食事療法なのですが、最近ではボディビルやフィジークなどの大会にむけての調整で使用されています。

で、結局何なのかというと、1日の食事から糖質と脂質を削って、ほとんどがたんぱく質のみとなるようにするダイエット法です。

つまり、超アンダーカロリーダイエットです。(1日の摂取カロリーは700~1000kcal以内

単純なカロリー制限とはちょっと違う

dietary restrictions-2

単純なカロリー制限とちょっと違う点は、たんぱく質はしっかり摂るという点です。

要は、糖質と脂質を両方制限するダイエットとなります。

たんぱく質の摂取量については、体重×1g という話もありますが、筋肉量をなるべく維持したいなら 体重×2g とするのがいいでしょう。

ほとんど鶏むね肉しか食べれない生活になります。

カロリーを激しく制限するので激痩せする

dietary restrictions-3

1日の摂取カロリーを1000kcal以内に抑えるわけですから、痩せないわけがありません。

実際に試した結果を以下の記事にまとめています。

VLCDという単語を知らなかったので、1000kcalダイエットという表現になっていますが何ら変わりありません。

上記の記事で、皮下脂肪が激的に落ちていることが分かります。

VLCDのデメリットは筋肉量が減るかもしれないということ

dietary restrictions-4

痩せるとはいえ、少なくとも筋肉量はたぶん減ります。

というのも、筋トレにものすごく悪影響がでました。

重い重量は持てないし、体力も続かない。

最終的には、椅子から立ち上がるたびに立ち眩みし、歩行すら困難になりました。

ですので、なるべくなら使わないほうが良い最終手段と言えます。

ダイエットするなら糖質制限か脂質制限が良い

ダイエットするのであれば、糖質制限脂質制限が良いでしょう。

どちらも賛否両論ですが、ぼくの意見としては以下です。

  • 筋トレするなら脂質制限
  • 筋トレしないなら糖質制限

なぜなのか?それぞれ見てみます。

筋トレするなら脂質制限

筋トレをする場合は、どうしても爆発的エネルギーが必要となります。

筋トレは無酸素運動に分類されるのですが、この時のエネルギー効率として最も良いのが糖質です。

筋トレするのに糖質を絶ってしまうと、筋肉が最大限の力を発揮できなくなってしまいます。

いわゆるエネルギー切れの状態です。

そのため、筋トレするならば糖質は必須となります。

ゆえに筋トレするなら脂質制限が良いです。

筋トレしないなら糖質制限

一方、ランニングなどの有酸素運動をしたり、運動をしない人であれば、脂質を利用する方がエネルギー効率が良いと言われています。

ケトジェニックダイエットって聞いたことないでしょうか?

糖質を完全に断つことで、エネルギー源を糖質から脂質(正確にはケトン体)にするというものです。

糖質制限の強化版と思ってもらえればOKです。

体に貯めこまれた脂肪をエネルギーとするわけですから、非常に効率がよさそうです。

ただし、酸素が必要となってくるので筋トレには向きません。

とはいえ、この辺は色々いわれていて、パワーが落ちない人もいたりするので、正直何ともいえない部分です。

以下は、ケトジェニックダイエットを1ヵ月実施した際の効果です。


と、ここまで個人的な見解を述べてきましたが、糖質制限と脂質制限はどちらがいいかは永遠の課題です。

ぼくの結論としては、どちらも痩せるので、あとは相性で決めるべきだと思います。

こんな人はVLCDを試してもいいかも

VLCDは基本的にオススメしません。

常にフラフラで家事なんてできませんからね。

でも、「皮下脂肪がここからどうしても落ちない!」というような場合は試してみてもいいかもしれません。

ぼくは、皮下脂肪がとにかく落ちない体質で、長年苦労していたのですが、この方法でたしかに皮下脂肪が減りました。

ただ、ぼくが試した方法はカーボリフィードという方法を取り入れながらやったので、気になる方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)